大きくする 標準 小さくする

リレー日記

ドイ科の召使いにはならないぞ

投稿日時:2017/06/08(木) 22:50

 リレー日記をご覧の皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんは、四月から新しくラグビー部の一員となりました、プレイヤーのドイツ語科一年庄司侑太郎です。ファーストネームもラストネームも名前のようだと新歓期に何度も言われ少し自分の名字に対するアイデンティティを失いかけてましたが、庄司の方が呼びやすく、いろいろな面で覚えやすいと思うので、それで覚えてくれるとありがたいです。これから宜しくお願いします。

 ではさっそく自己紹介をはじめますが、ゴールデンウィークの真っ只中、5月4日にこの地球に降り立ってから高校卒業まで、愛すべき埼玉の地で育ちました。外大生では珍しく海外に長期滞在した経験はなく小学校と中学校は埼玉の上尾の普通の公立学校に通っていました。中学3年次には僕の運命を変える出来事が起こるのですが‥‥、おっとこれは後で寿々花からの振りの時に答えるとしましょう。高校は川越にある高校に通っていました。ラグビーについてですが、私は高校1年までずっとサッカーをしていたのでラグビーをプレイしたことはなかったのですが、私の幼馴染の多くが小学生からラグビーを始めていたので、ラグビーに対する興味は以前からありました。

 さて私が外大ラグビー部に入部したきっかけですがそれは高校時代に部活動を不完全燃焼で終えてしまったことです。その理由についても後の振りの際に答えたいと思います。焦らしすぎですかね笑。とにかく外大ラグビー部には熱く面白い先輩が多いのでラグビー部を選びました。部活の雰囲気も大好きです。

 さあここまで他の部分を短くしたのも、全ては寿々花からの振りに答えるためにしました。お題は僕の武勇伝についてですが、僕の武勇伝、それはこの大学に合格したことです。はぁ?と思う方もいるかもしれませんが、私は実は中学時代一二年生の頃はただの公立学校に通っていたにもかかわらず、テストの順位は常にケツから数えた方が早い順位にいて高校進学も危ぶまれる位置にいたのです。そんな僕が変わった出来事、それは中学3年生の時の失恋です。中学3年時に彼女に振られた僕はやけになり、受験期の夏にオーストラリアに行きます。そこで世界の広さとその魅力を知った僕は一人の女にふられることなどちっぽけなことで、世界に出て大きくなって必ず見返してやるという反骨心を手に入れました。そこからの数ヶ月の猛勉強の末、なんとか埼玉のまあまあ有名な進学校にビリぐらいの順位で滑り込んだ僕は大好きだったサッカーを高校ですぐに諦め、あまり周りが勉強しない一年生の時期から猛勉強を開始しました。勉強開始当初は高校の周りの友達に頭が悪いと侮辱されたり、勉強する=頭がおかしいという概念を持つ地元の奴らからはキチガイというあだ名をつけられた僕でしたが、高校時代の青春を全て捧げることで文系偏差値45から78という大躍進を遂げ、大学受験では現役で受験でほぼ全勝出来ました。今、僕を振った彼女はどう思っているのでしょうか?反応が楽しみです笑。ちなみにその彼女とは僕が勉強しかしていなかった高校時代には幾度となく遭遇していました。なぜなら彼女の通っていた高校が僕の家の目の前にあったからです。初めて遭遇したのは高一の春、僕が虫歯で家の近くの歯医者を訪れ出てきたときで、出来立てホヤホヤのカップルがいちゃついてるなーと思っていたら、僕を振った彼女がチャラ男と抱き合っていました。歯医者でもらった歯にいいチョコレートを食べていた僕の顔を指差して、嘲笑していた彼女とチャラ男の顔は一生忘れないですし、そのあと雨の中悔しくて泣いてずぶ濡れで帰った夜のことを僕は一生忘れません。その後も幾度となくあのカップルとは遭遇したのですが、今となってはそれが逆に受験のモチベーションになっていたのではないかと思うと感謝の気持ちが生まれてきました。ありがとう。心から。はい。だいぶ話がそれたのでこの辺で庄司の武勇伝1は終了です(ほんとはめちゃくちゃあります)。期待に添えず申し訳ありません。

 さて色々つまらない話をしてきましたが、今度はタツマル君の出番です。日頃から庄司をいじる隊の筆頭である、タツマル君、そんなタツマル君には少し恥ずかしい話をしてほしいですね。何か今までやらかしたことでもなんでもいいです、聞かせてください。宜しくお願いします。
 
 拙い長文失礼しました。








 

この記事を書いたメンバー

アーカイブ