大きくする 標準 小さくする

リレー日記

二年かかった

投稿日時:2017/06/09(金) 17:16


どうもこんにちは!モンゴル語科一年の鈴木達丸(すずき たつまる)です!
龍丸とかいてドラゴンボールと読むことも可です。例によって自己紹介から。
1998年3月3日僕は国分寺で生を受け、そこから19年間国分寺市で過ごしてきました。
国分寺という場所はほかの一年生のふるさとのように個性的でマイナスイオンがたっぷりなわけでもなく、the・東京のような大都会でもなくネタにしずらい場所です。そんなつまらないところから来たつまらないぼくは小中を地元の公立学校で過ごし、高校は都立国立高校に進学しました。外大ラグビー部の先輩方でも同じ母校の方がいてとてもうれしい限りです。

さて、自己紹介はここら辺にして、そろそろ庄司君のフリにこたえようと思います。恥ずかしい話、、、ありました!
僕は浪人なのですが、実は現役の時にもこの大学を受験しています。(ちなみにその時もモンゴル、今回もモンゴル)
母校が超進学校(僕は最底辺)ということもあってか、余裕をかましていた僕は、高校のときラグビーの縁で知り合いになっていた現二年生の山内遼君とともにセンター試験終了後から外大のラグビー部の練習に顔を出していました。馬鹿ですね。

それが災いしたのかはいざ知らず、無事外語大に落ちた僕は(ちょんまげは受かった)高校を英語の最終成績2で卒業し、立川の河合塾に進学しまして、一年間主にゲームセンターで有意義な一年間を過ごしました。そんな努力のかいもあってか、今回無事に合格することができまして本当にうれしい限りです。

入学してすぐのTOEICではゲームセンターのツケかわかりませんが爆発的なスコアをたたき出し、英語のできない外大生の地位を確固たるものにしました。うれしい限りです。

そろそろ次の人にバトンを渡したいと思います。次は、僕と同じく外大の墓場ことモンゴル語科の高橋大輝くんです。
フリは、、そうですね。高橋君は中高六年間を男子校で過ごし、それはそれはとても楽しい学生生活だったらしいので、男子校でよかったことを聞いてみたいです。

それでは、こんな拙い文章を見てくださったみなさんありがとうございました!
失礼いたします!













 

この記事を書いたメンバー

アーカイブ