大きくする 標準 小さくする

リレー日記

梅雨明けしたのに。。。

投稿日時:2017/07/26(水) 22:15

 ドイツ語科の王です、夏休みに突入し、早くも一ヶ月が経とうとしています。今日、あいにくの雨でしたが、夏練が始まりました。合宿まではあと2週間、しっかりと短時間で集中する練習をして、臨みたいと思います。合宿で体力が持つように、フィットネスもしっかり上げていきましょう。

 去年の夏休みは、オフ期間中に中国に帰ったりしていましたが、今年はほぼどこにも行かずに国内にいました。その間に親が中国からやってきて、また中国の友達に東京を案内したりもしました。その友達のおかげで、自分が普段わざわざ行かないようなところへと足を運びました。初めてライブハウスでライブを聴いて、お台場を歩いたりもしました。なんだかんだ充実したようなオフです。

 中国から友人を迎えて、話を聞いてみると、今の中国の変貌っぷりに驚かされました。日本に来てみて、一番驚いたのは日本人が現金で支払いをしていることだそうです。中国は今キャッシュレス社会が進んでいて、コンビニとかはもちろん、出店のマーケットとかでもQRコードに携帯をかざすだけで支払いができるらしいです。

 その支払いを管理しているのはウェイシンというチャットアプリで、日本でいうラインみたいな普及率なので、使っている人がとても多いです。ラインもLinePayというスマホ財布みたいなサービスを提供していますが、中国のウェイシン支払いに比べればまだまだ浸透していないようですね。そういうわけで今大都市ではみんな現金を全く持たず、携帯だけで外に出るらしいです。

 実は今日本でも、中国人の爆買いのニーズに応えて、中国人の多い地域の大手電機屋やドラッグストアでスモホ決済ができるようになっています。日本円で支払いしなきゃいけないところ、なんとスマホだとその時その時のレートで口座の人民元が引かれるみたいです、正直これには驚きました。タイやシンガポールでももうそれができるみたいで、やはりお金持ちの中国人の消費活動の便宜を図っているようです。そういうシステムが全世界にできたら、間違えなく通貨革命につながると思いました。今やスマホ環境やITにおいて、日本はもう後進国でしかないのを痛感しました、もう中国を追う一方です。いつか日本にもキャッシュレス社会がやってくるのだろうか。。。

 ここでたいせいのフリに応えたいと思います。好きな中国料理は、松鼠桂魚という江南料理で、魚を開いて飾り包丁を入れて、一匹丸ごとあげた料理です。味付けは江南料理の典型的な甘くて酸っぱい味付けで、酢豚のあんかけと似ているソースがかかっています。調理自体は簡単ですけど、飾り包丁を入れるのは結構な職人技なので、家庭ではあんまり出てこない一品です。中国に行く時は必ず食べていますが、今年は帰らないので、外語祭でチャイ科が出してくれるのを楽しみにしたいと思います。

 最後にけんちゃんにバトンタッチします、オフ期間中に一緒にカラオケに行きましたが、それ以外に何していましたか?教えてください。

この記事を書いたメンバー

アーカイブ