大きくする 標準 小さくする

リレー日記 2017/12

Beat 海洋

 written by 井出 聖峰 投稿日時:2017/12/28(木) 17:21

   蛇口が回せない。なんでこんなに痛いんだろう。



部屋の中の扉に掛けられたお気に入りの日めくりを見る。可愛い顔をしたお地蔵さんが毎朝僕を待っている。



13日

“感謝

感謝

すべてに感謝”



あとちょうど3ヶ月で22歳。ウソだろ笑。グラウンドで4年間過ごしただけじゃないか……



はじめのうちは毎日めくられていたこの日めくりも、1週間タイムスリップしてみたり、逆回転したり、僕の心の写している気がする。



昨夜寝る前には、きちんと、日にちが変わっているのを確認して、ひとつめくっておいた。





だんだん部屋の中に光が差してくる。僕が大好きな朝の感じとは少し違う。いつもならもっと明るい。



コップに入った一滴も飲まれなかったままのお茶がティーパックを浮かべたまま部屋の真ん中の机の上で冷たくなっている。



窓から差し込むだんだん光が弱くなり、そしてまた少し強くなり。しかし、気分が晴れるほど明るくはなってくれない。薄着のまま外に出て洗濯に行こうとはなかなか思えない。いつもなら朝練のついでに洗濯機を回していた。





ラックの上に置かれた写真たてが先ほどから目に入る。つい先日実家に寄った時になぜか自分の机の上から拾ってきた。八王子東高校サッカー部36期。ここに自分のアイデンティティを求めたことは今までなら一度もなかったのに。



フレームの前にはアメジストのキーホルダーがちょこんと座っている。この誕生石には何か運命的な出会いを感じた。僕の強い味方になってくれるのだろか。





次にここに収まるのはきっと…。引退した実感が湧くまでは無理だろう。



そして、扉の裏側にはダンボール箱が1つ。



今度は少し冷えてきた。朝起きた時、家を出る時、寒くても窓を開けっぴろげることが多いのだが、だんだん部屋の中は冷えてくるのに、意地を張って閉めようとしない。しばらくキャビネットの中にあるカラーボックスに肘を掛けている。



部屋を見渡しても何か今の自分を助けてくれそうなものが見つからない。早すぎた。





昨日から何度この言葉を口にしたのだろうか。



汗をかいていたことに気づき、また布団にもぐり込む。



   リレー日記をご覧の皆様、こんばんは。スペイン語科4年の井出聖峰です。最後まで更新遅くて大変申し訳ありませんでした。最後のリレー日記です。

   引退が決まった次の朝、忘れないように綴っておいた自分の気持ちだ。こんなに虚無感に襲われたことは私の人生に一度もなかった。これまでに2回部活動を引退したことがあったが、その時にはすぐにやるべきことが迫っていた。

   ノーサイドの笛の後べンチに戻ってきて、後輩たちが涙を流していた姿は一生忘れられない。負けたことがどれほど大きかったか気付いたのはその時だった。3回目の引退の実感はその後もしばらく湧かなかった。



常に出来ないレベルで



   こうやって振り返ることはあまりしたくない。新しくなったチームでこれまでできなかったことをどんどんやってほしい。これでもかというくらい練習して、馬鹿みたいにやって、木和田にこんな練習いつまで続けてるですかっていうくらいの気迫と心意気を伝えないといけない。まだまだ下手なチームなんだから、同じ場所にとどまっていたらいけない。常に個人個人が出来ないレベルの練習をしないといけない。できることなんかやる必要ない。もうできるんだったらタックルをあと50センチ低くする。



先ずは素直にやってみる。でも常に疑問を持つ。



   1人1人が最高のフォローワーになることが必要。リーダーシップを発揮できるやつはいくらでもいるけれども、全員が謙虚に直向きにスキルを吸収して、その上で変だと思ったことはそのドリルにどんどんケチつけて、相互に考え尽くす環境を作らないといけない。1人のキャプテンやヘッドコーチよりも、その他全員の力の方が絶対大きいに決まってる。全員が最高のフォローワーになることが良いチームを作るのには不可欠。



Beat 阿部



   もっとハングリーな気持ちが必要だと思う。練習中のチームメイトは全員敵。1年生の時にどうしても阿部さんを倒したかった。だからずっと阿部殺すって口に出しながら練習してた。目標を設定して、それを周りに言うことは大事。雅史、恩地、裕助をはじめ、マッチアップした後輩のみんなからは憎しみなのか感謝なのか分からないけど最高のプレゼントをもらったと思う。すごく嬉しかった。とりあえず誰か雅史をやってしまって下さい。無理矢理でもいいから、相当高い目標設定を。



Beat海洋



   最後に、僕はこのチームが大好きです。



   海洋を倒すと言う目標もまだよく分からないままついてきてくれた2年生、本当に楽しそうに部活をやってくれてありがとう。成長スピードは素晴らしく早いけれども、まだぜんぜん下手くそです。前の主将もパスが下手だったからとか言い訳を探すことなく、毎日成長して下さい。



   3年生は遼を中心に雰囲気でもプレーでもチームを支えてくれありがとう。遼を中心になんて言ったけど、全員遼を黙らせるくらいのプレーヤーになってくれ!



   4年生は愚直に支えてくれてありがとう。不器用なところも多いと思います。やってる姿勢を見せるのではなく、常に結果を出し続けなければいけない。そのための努力は今よりもっともっとたくさんしてください。自分を褒めるのではなく、叱責しながら勝つチームを作ってください。



   マネージャーのみんな、本当にお世話になりました。とても感謝しています。チームを良くしようと新しいことを沢山取り入れてくれてた先輩と、必死に仕事を覚えていこうとする後輩とでとてもよく連携が取れていたと思います。もし万が一、チームに緩んでいる雰囲気があったり、規律が守られてなかったりしたら、その時は強くお尻を叩いてやって下さい。



   選手の皆さん、一番近くで応援してくれて、一番チームの勝利を喜ぶのはマネージャーのみんなです。勝ちたいという気持ちは選手と同じだけど、自分たちはプレーできない。その気持ちを選手のみんなに託して日々サポートしています。違っていること、やってほしいことはちゃんと伝えて下さい。そして感謝の気持ちを必ず口に出して伝えて下さい。



   時間はあっという間に過ぎます。ちなみに国公立戦まであと5ヶ月、シーズンインまで9ヶ月です。東大、都市大、海洋大、学芸大。Beatしないといけない相手は沢山います。常に、できることを、し尽くし続けてください。



   これまで応援してくださった皆様、一緒に戦ってくれた先輩方、同期、後輩のみんな、本当にありがとうございました。僕は東京外大ラグビー部に入ってとても幸せでした。また会いましょう。

『続ける』とは

 written by 中村 裕樹 投稿日時:2017/12/15(金) 13:10

リレー日記をご覧の皆様こんにちは。今回は4年の中村が日記を担当させていただきます。



 



 



もう最後の試合が終わってから1ヶ月以上経ってしまいました。規則正しい生活が自慢だった私も、さすがに引退すると怠惰になってしまうものですね。



 



 



ラグビー部に4年間在籍した今一番思うこと、それは『続ける』ことの尊さです。何かを4年間『続ける』ということは本当に大変なことだと思います。私自身、2年のシーズンまで、3年でラグビー部を辞めて留学に行こうと考えていました。その時の自分は本当に軽率だったなと今では心から思います。あの時、2年の北里戦の後、自分は真剣にラグビーと留学を天秤にかけました。初めてその事実に真摯に向き合ってみました。私はその時、この素晴らしい先輩、後輩、そして同期と一緒にいる時間を選択したのです。



辞めるということは確かに簡単なことかもしれません。しかし、その辞めるという行為は、自分の中の可能性、そしてせっかく培った人間関係を台無しにしてしまうと私は思っています。これらのことには賛否両論あるでしょう。でも私は4年間続けて本当にラグビー部での経験が自分の中で大きなものとなったし、1人でも多くの人にこの気持ちを伝えられたらなと思います。



 



 



ラグビー部は本当にいいチームでした。たくさんの素晴らしい先輩に恵まれて、たくさんの素晴らしい後輩に恵まれて。そして素晴らしい同期に恵まれました。こんなに素晴らしいことはないでしょう。でもしかし、ラグビー部に所属している以上、勝ちにこだわる必要があります。芝工に勝った時は本気で嬉しかったし、負けた試合は本当に悔しかった。私はずっと海洋に勝つことだけを考えてラグビーも筋トレも励んできたので、プレーオフで海洋と試合が出来なかったことは、多分一生心残りになると思います。でも後輩たちには本当にそんな悔しい思いはしてほしくありません。都市大にも海洋にも学芸にも本当に勝ってほしいです。



 



1年生も2年生も3年生もマネージャーも愚直に頑張れて、センスに満ち溢れたいい奴らばかりです。君たちが東京外国語大学ラグビー部の新しい歴史の立役者になってください。心から応援しています。



 



最後に、OBさん、OGさん、ラグビー部関係者の方々、応援していただき本当にありがとうございました。心から御礼申し上げます。



明日は納会!Beat 現役!!



2017.12.15      中村裕樹

 



 

ふわです。

 written by 不破 涼 投稿日時:2017/12/13(水) 07:32

 リレー日記をご覧の皆さんこんにちは。4年の不破です。

更新が遅れて申し訳ありません。





  新チームとしての活動も始まり、今週末は納会ですね。

OB,OGのみなさんとお会いできるのを楽しみにしております。



 さて、引退した僕から後輩たちに向けて言いたいことをこの場を借りて綴らせていただきます。



 まず、僕は後輩たちにとても感謝しています。ラグビーの知識も浅く、怪我がちだった僕ら4年生でしたが、最後までついてきてくれてありがとう。シーズンで目標としていた海洋大を倒すことは達成できませんでしたが、自分の中では熱い試合も多く、いい思い出がたくさんできました。本当にありがとうございました。



 一年生は入ってきてくれてありがとう。外大ラグビーは代替わりをしながらこれからも続いていきます。その伝統を守るという意味でも今年17名も入部を決めてくれたことはとても嬉しかったです。一年生からラグビーが好きだという気持ちを強く感じるので、その気持ちを伝えてあげたい、共有したいという気持ちで今年の新歓も頑張ってくれればきっと多くの部員が来年も入ってくれると思います。来年入ってくる後輩たちが君たちが1番長く、一緒にラグビーをするチームメイトになります。頑張ってください!

やっぱりチームメイトは多くいた方が練習の質も上がりますし、なにより一緒に泣いたり、喜んだりする仲間は多い方が楽しいですよね。



 二年生には昨年に引き続き、プレー面でとてもお世話になりました。上級生の人数が少なかったばかりに無理を強いてしまいましたが、きつそうな顔もせずに試合に出たいですと言ってくれた君たちにはとても助けられました。本当にありがとう。そんなキツイ思いをしてくれた君たちだからこそ、今年、来年と大活躍してくれると思います。個が強い分、いがみ合うこともあると思いますが、その分お互いに補い、助け合えば今以上に頼れる代になると思います。頑張ってください!



 三年生には内務、外務、合宿係などチームの運営に関してとてもお世話になりました。いよいよ自分たちの代ですね。今は自分たちのやりたいラグビーを作り上げるために奮闘中だと思います。僕が引退する時に感じたのは、練習の中での時間の掛け方をもっと工夫できたのかもしれないということでした。ユニットの練習の中で一つのことにこだわりすぎて、やりたかったことまでできないということが多々ありました。どこかで見切りをつけ、包括的にやりたいラグビーにアプローチすることも大切かもしれません。また、AチームのメンバーとBチームのメンバーの間の差がセットプレーだけで見ても大きくメンバーの選出に迷うことも多くありました。フォワードにとってセットプレーができるというのは最低条件です。そこにユニットの時間をつぎ込むのはもったいないので、各人が練習外で練習するような空気を作り上げれればよかったのかなとも感じました。これからのチームに期待しています。頑張ってください。



 マネージャーに言いたいことは、以前のマネージャーの業務と、今のマネージャーの業務とは大きく変わり、求められることも多く、大変だったと思いますが、 本当によくやってくれたと思っています。本当に助けられました。ありがとう。これからもマネージャーの業務は変わっていくと思いますが、みなさんなら工夫してベストなサポートをできると思います。マネージャーが試合後に負けたら悔しがり、勝ったら喜んでくれているのを見て本当に嬉しかったです。これからもプレーヤーにコミットしたサポートを期待しています。



 引退した直後は朝練がない生活も悪くないなと思いましたが、時間が経った今は、これからも一つのチームとして目標を持って頑張ってる君たちが少し羨ましく思います。今年こそはBeat海洋、都市大を達成してくれること楽しみにしています。頑張ってください!



 ラグビー部として過ごした時間は僕の中でとてもいい思い出になりました。本当にありがとうございました。

<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2017年12月

<<前月翌月>>
2017/12/28(木) 17:21
Beat 海洋
2017/12/15(金) 13:10
『続ける』とは
2017/12/13(水) 07:32
ふわです。

ブログテーマ