大きくする 標準 小さくする

リレー日記

<<前へ

わんパパ(老王)爆買い最終章

 written by 王 駿之 投稿日時:2018/05/26(土) 01:03

  皆さま、時候はもうすっかり夏ですけれども、いかがお過ごしでしょうか?夏になるとやはり海に行きたいですよね。自分は生まれ(清水港)も育ち(上海)も港町なので、海は大好きなんです。しかし、上海はともかく、清水にはビーチや海水浴場と言ったところはなく、テトラポットが積まれたリアス式海岸しか無いのです。



 



  そういった荒濤とともに眺める富士山はもちろん渋くて最高なのですが、20歳を超えた今こそ、やはり一度は真夏のサンビーチでサザンを爆音で流して、可愛いチャンネを眺めながら、海の家のしょーもないカクテルとか飲んでハッチャケたいのですわ。今年の夏に一緒に海に行ってくれる安達くんを募集しています、いないかな、そういった安達くん、捕まえたいと思っています。



 



  ここで本日のメインテーマと参りたいと思います。たいせいのフリにもあがった、皆さまお待ちかね、老王(らおわん)=わん父の、ついにやってのけたか!東京で念願の不動産購入、その物語をノンフィクションでお送りしたいと思います。



 



  きっかけは、老王の一言でした。「そろそろ日本にも落ち着くとこがほしいなぁ」中国に住んでいたその当時も、老王はずっと日本にて家が欲しいとか話していた。そのほかにもポルシェ買うとか、母に大きなダイヤの指輪を買うとか適当なことをいつもほざいていたので、母と自分は通常運転の独り言かとあまり気にかけてなかったのです。しかし今回老王は本気でした。不動産の購入を本気で検討し始めたのです。これから不動産の購入を検討する皆さま、ぜひともご参考にしていただきたい。



 



  第一には相場の理解であります。ある時から自分のポストにいつも不動産のチラシがぎっしり入るようになりました。老王の申請によるものです。とある中央線沿いの新築マンションに狙いを定めますと、そのモデルルームを見に行くことになりました。不動産の営業マンはよくもこんな青臭いガキを相手にしてくれたと思います。着席すれば、サービスのハーブティーを選ばせていただき、ご丁寧に間取りの説明など教えてくださいましたが、部活後の自分には眠くてしょうがなかったのです。



 



  一番目が覚めたのは、価格帯を教えてくださった時です、びっくりぽんでした。中央線沿いで駅近の新築マンションは、やはりとてもがつくほどには高いものでした。そのことをすかさず老王に報告すると、プランB(中古マンションを検討)に移行とのことでした。



 



  第二に、信頼できる不動産仲介の友人を探すことです。もともと香港にある父の料理店の店長のお姉さんが、いま日本の老舗の地所で働いていることが判明しました。その蘇さんっていう方のツテでいろんな中古マンションを紹介してくれました。気になったところは全部踏み入れて内見です、蘇さんも同行して、老王と自分の3人で三鷹から立川までの中央線沿線をほぼ各駅降りていろんな物件を見ました、不思議な物件も多々ある中、第一候補として決定したのは三鷹にあるマンションでした。駅からはちょっと遠いが、広くて値段も受け入れられる程度のもので、もう決まりだろうと、その夜は元香港店長の焼肉屋で打ち上げでした。



 



  しかし、そこから事態は難航し、なんとタッチの差で三鷹のマンションに買い手がついたのです。老王は一度中国に戻ってしまい、そこからは自分と蘇さんの二人で内見旅です。



 



改めて日を決め、蘇さんと二人でマンションの内見です。武蔵境の微妙な物件を見て、東小金井の微妙な物件や武蔵小金井の微妙な物件を見た後に、ついに出会いました、国立の即決物件です。広い、駅近便利、コスパよし!老王もそのことを知ると、すぐにもう一度の来日です。日本の口座にお金は足りないので、ドキドキしながら中国から直で現金をキャリー、一度上海の税関で止められたそうですが、そこは地元の方言でごまかしつつなんとか入関、いや危なかった、止められたら相当めんどくさいです。



 



老王も国立を気にいったところで、すぐに頭金&全額振り込みです。銀行で売り買い双方集めて、弁護士税理士を交えて、サインをしてお金移して権利書にサインをすると、流れるような作業でマンションの権利をゲットです。物件決めてからは2週間、最初から数えるとまあ一ヶ月半ほどで、日本に実家を持ってしまいました。決して自分の家ではなく、あくまで自分は父母の家に居候です。これからは父母と暮らす時間が増えますね。



 



長くなってしまいました、だいたいそんなところです。皆さん是非遊びに来てください、親がいるときは中華本場の味を楽しめますよ、母親の料理は美味しいですが、母自身はめんどくさがりで、うるさいのが大嫌いなので、みなさん“気軽に”ね!



 



大家くんへのフリです、ボート大会のオフは誰とディズニー行くのか教えて欲しいです。

働きたくない

 written by 上嶋 泰世 投稿日時:2018/05/25(金) 21:52

こんばんは、中国語科2年の上嶋です。

更新が遅れてしまい申し訳ありません。

最近一年生とお昼を食べることが多いため、現在バイトをしていない圧倒的クズニートの僕は危機的状況に追い込まれつつあります。

しかしその分、一年生と仲良くなれるので大丈夫です、バイトはしません(ゴミクズ)



特に、中国語科の後輩であるけいしくんは授業が終わった後に、食べていたお菓子のゴミを渡してくるなど、かなり慕われているようで嬉しいです。彼とコンタクト練習をするのを楽しみにしています。



明日も朝早くから東芝グラウンドでの練習があり、早く寝たいので、この辺でそうごからのフリに答えます。

最近あった不運なことですが、基本的に不運に見舞われないように毎日努力している僕に死角はないです。

具体的には、不運に見舞われないように、あえてボッチで授業を受ける、授業後に不運に見舞われないように、誰よりも早く教室を出て帰宅するなどです。

この様な努力のおかげで不運とは縁遠い生活を送れています、良かった良かった。



これ以上自分のクソさが露呈するとさすがにしんどいのでそろそろ終わりにしたいと思います。



次はわんさんです。最近、国立のタワーマンションを買収されたようですが、他に買収したいものがあれば教えてください。

阿弥陀籤の悲劇 ~浦和の悪夢~

 written by 岩脇 颯吾 投稿日時:2018/05/22(火) 15:02

リレー日記をご覧の皆様、こんにちは、こんばんは。



今回のリレー日記はスペイン語科2年岩𦚰が担当します。



筆者が暇だったため本文が非常に長いです。しかしぜひ最後までお読み下さい。



 



 



 



10人のプレーヤーと3人のマネージャーが入部してくれました。多々ある部活・サークルの中からラグビー部を選んでくれて本当にありがとう。きっとその選択は間違っていないと思います。辛い時もあるかもしれないけれど、それ以上に楽しいことが多い部活です。素晴らしい先輩・同期がいます。入部すると決めたときの気持ちを忘れずに、後悔のないように頑張ってください。もちろん先輩が最高のアシストをしてくれます。



 



 



 



なんと言っても今年の一年生はとても個性的です。



失恋して金髪にしたファンキー、元早稲田のファンキー、やたら恋愛について語ってくるファンキー、待ち合わせに1時間半遅刻してくるファンキー、ドライブ中に8割以上寝ているファンキーなどです。かわいい後輩ばかりで喜ばしい限りです。



 



 



上の代も個性的な先輩が非常に多いです。



私たちの代は割と落ち着いていると思いますが、それがいいところだと思います。揃いも揃って個性的だとあまりにもやかましい部活になってしまいますから。緩衝材として素晴らしい代だと自負しています。



 



 



 



忘れてはいけないのが、まだまだ入部希望者募集中です。



自分が入ったのも5月の末のこの時期だったので、フラッと体重100kgぐらいある一年生が来てくれるのを毎日夢に見ているとかいないとか。



 



 



 



最近はリレー日記のまわりも以前に比べて早く、とても素晴らしいことだと思います。滞納しがちな上級生は特に頑張りましょう。OBさん、OGさんだけでなく、このリレー日記大ファンの恩地(父)が楽しみにして待ってくれています。



恩地(父)には以前お食事に連れて行っていただきました。本当に死ぬんじゃないかと思うほど、お腹いっぱいになりました。その節はお世話になりました。リレー日記に登場させるという約束を交わしたものの、遅くなってしまいました。すみません。



 



 



 



私個人の話としましては、未だに腰痛とシンスプリントと闘っています。何度も挫けそうになりましたが、少しずつ走れるようになって来るなど、回復の兆しも見えて来ました。合宿には何が何でも復帰すると決めました。自分の中で目標を定めたので、あとはやるだけです。リハビリ頑張ります。



 



 



 



暇なので、あまりにも悲しいGWの話も書いてしまいます。



GWのOFFに入る前日の水曜日、主将からLINEが届きました。金曜日は暇か、暇なら遊びに行くぞ、と。



どこに行くか、誰と行くかなど、その日そこからLINEが来ることはありませんでした。



木曜日に本当にざっくりと打ち合わせをして当日。



 



 



 



車はきわっさんのマイカーとレンタカーの二台。



運転手はきわっさんと俺の2人だけ。



メンバーは上級生4名、一年生1名、未入部1名、一年マネ2名です。



1人遅刻したので拾いがてら行くという話になりました。レンタカーに乗り込み、さて行くかと思ったところ、自分の車のメンバーは、ビルマ人と一年生の北海道産メークイーン。あれ?と思いました。こういうのって女子分担しないっけ?



これが浦和の悪夢の始まりでした。



 



 



 



GWということもあり、高速は大渋滞。



朝新宿のレンタカー屋さんで別れてから3時間以上走り、ようやくどこかしらのSAで合流してメンバーチェンジという話になりました。



使用したのはLINEのあみだくじ機能。



念願の女子1名を獲得し、沼津に向け走り出しました。1時間で1kmしか進まないという地獄の下道をなんとか突破し、沼津港にておいしい海鮮丼に舌鼓を打ちました。



渋滞に巻き込まれたため、すでに遅めの昼過ぎ。夕方に近い時間帯です。熱海で温泉に入ろうという話になりました。



そして沼津港にて2度目のあみだくじ。



自分の車は自分を含めた上級生3人と未入部1名という割り振り。もちろん全て男です。



ここですでに自分の運の悪さに涙が出ました。



 



 



 



 



熱海まで1時間半ほど運転し、熱海に到着。



商店街などを軽く回り日帰り温泉を探しましたが、どこもNGでした。



少し離れたところに行こうという話になり、3度目のあみだくじ。



またしても全て男。なぜなんだ?何かしらの忖度が働いているに違いない。そう思いました。



 



 



 



 



数十分ほど走り温泉に到着。



それはもう気持ちいい温泉でした。



前日の睡眠時間が少なかったのでこのままここで一泊してやろうかと思いました。



 



 



 



 



ここで時間を見ると20時ごろ?だったと記憶しています。



22時に新宿にレンタカーを返さなくてはいけません。おそらく無理です。しかしここで主将から恐ろしい提案がありました。



「絶対嫌だっていうのはわかってるんだけど、多磨方面のやつ乗せて帰ってくれない?」



多磨方面のやつ=未入部、メークイーン、ビルマ人です。



普通に考えたら絶対嫌です。しかし浦和卒の上級生2名によるパワハラにより渋々承諾しました。かくも恐ろしいパワハラを受けたのは人生で初です。



 



 



 



 



22時返却に間に合わせるということで、頑張って急ぎましたが、やはりGW、渋滞です。どう考えてもどこに返却するにも間に合わなくなりました。



これならメンバー関係ないんじゃね?何度もそう思いました。



助手席にはいつもよく見るビルマ人。



後部座席には未入部とメークイーンが寝ています。



なんだこれは…。自分の運のなさに絶望感を覚えました。こんなはずではなかった…。そう思いました。



 



 



 



途中できわっさんの車に電話をするとゆっくり帰ってるというではないですか。楽しそうな声が聞こえてくるではありませんか。さぞかしドライブを楽しんだことでしょう。こちらは22時返却にどうにか間に合わそうとして急いでいてSAにも寄らずぶっ通しで運転しています。また後部座席2人は寝ていて、隣にはビルマ人。トンガ人とビルマ人で眠い目をこすりながら、カープールをしているというのに。あの時は流石に強い憤りを感じました。



そのまま虚しい気持ちで府中まで運転しました。



23時頃全員を家まで送り届け、翌日朝一に車を返却しに行きました。



 



 



これが浦和の悪夢の全貌です。全300km超、7時間ほど運転したのではないでしょうか。その中で女子が自分の車にいたのは1時間半ほど。あみだくじの運が悪かったこともありますが、最初と最後はパワハラです。



 



 



総じて、このドライブは楽しいものではありました。上級生から下級生まで楽しいイベントになったと思います。しかし、心に心に決めたことがあります。二度とあみだくじはしません。絶対しません。またパワハラには屈しません。これからはゴネにゴネたいと思います。



 



 



 



運転自体はとても好きなので、またドライブいきましょう。今度は自分の車にも女子が乗ってくれることを強く期待しています。というか運転するので女性とドライブに行きたいです。行きましょう。



 



 



 



やっとゆうきさんのフリに答えます。



地元三重から高校時代を過ごした愛知、愛知から東京と二度の転居を経験しましたが面白い掘り出し物を見つけた記憶がございません。あったかもしれませんが、覚えていません。樹齢100年超の木蓮が植わっている実家には何かしらあるかもしれません。また探しておきます。



 



 



 



髪型のこだわりは、自分の黒髪が好きではなく、似合うとも思ったことがないので、とりあえず黒髪以外が好きです。また顔の色と同化してしまうため茶髪も絶対NGです。その点で今の金髪は、目立つし、顔の色とも合うし、非常に気に入っています。染めた際に大体の場合最初は違和感を覚えると思うのですが、金髪にした時は何も違和感がなかったです。髪が死ぬほど傷んでしまいますが、気分を変えたい人にオススメです。最近髪が伸びてきて、このまま伸ばすか、切るか悩んでいるところです。



 



 



うえしま君へのフリは最近会った不運なことにしましょう。よろしく。



 



 



 



普段から長い自分のリレー日記ですが過去1を記録してしまいました。ここまで読んでくださった方は何人いらっしゃるのでしょうか。



最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました。



それでは次回のリレー日記で。

僕の部屋はタイムカプセル

 written by 伊藤 悠希 投稿日時:2018/05/22(火) 14:05

リレー日記をご覧の皆様、こんにちは。スペイン語科4年の伊藤悠希です。



まずはこれまでに入部してくれた新入生の皆へ、ラグビー部の一員になってくれてありがとう。これから四年間様々な事を経験すると思いますが、その最初の一年間を、私たちの最後の一年間と共に過ごしていきましょう。絶対に後悔させないようにするので、皆もそのつもりでついてきてください。



先日、一橋大学との練習試合がありました。自分はベンチスタートで、怪我人の影響で後半残り時間2分というところで出番が回って来ました。この2分間に、自分のこれまで3年間ラグビーを続けてきた結果が集約されていると思います。情けない話なので詳細は省きますが、この2分間を私は一生忘れません。まずは、部活の仲間の信頼を勝ち取り、もう一度チャンスをもらい、そこで四年生としてふさわしいプレイができるプレイヤーとしてピッチに立てるようになりたいと思います。シーズンまで実質3ヶ月程の間で、もう一度ラグビーに真剣に向き合い直します。



さて、ここで周平のフリに答えたいと思います。オススメの髪型とのことですが、個人的にはアフロにしてグラサンをかけファンキーになった周平を見てみたいという気持ちがありますが、オススメはできません。これから夏に入ってくるので、髪をばっさりと短くして、いわゆるオシャレボウズなるものにしてみるのもいいかもしれませんね。これは、快適さ、過ごしやすさ、髪乾きの早さの点でオススメですが、台湾の二の舞にならないかが心配です。周平はちょっと髪が長い方が似合う気もするので、毛量を減らして毛先を整えるくらいでも清潔感を出せていいんじゃないでしょうか。



こんな感じでしょうか。周平の髪型が一体どのようになるのか、乞うご期待!!



次はそうごです。

私事ですが、今度引っ越すこととなり、現在荷物をまとめたり捨てたりしているのですが、とりあえず何でも溜め込んでしまう癖があるので、片付けをしていると予想だにしていなかったものがポンポン出て来ます。ゲームボーイカラーのカセットとやったことのないカードゲームのカードが出てきたときは思わず笑ってしまいました。



そうごは引越や片付けのとき、思わず声を上げてしまうような掘り出しものみたいなのはあった?なければ髪についてのこだわりや参考にしたものなど教えて!!

サウスポー

 written by 安達 周平 投稿日時:2018/05/21(月) 08:27



 おはようございます。ペルシア語科3年安達がお送り致します。



 最近はだんだん日が長くなり、夏に近づいていることを実感する反面、迫り来る「夏」に恐れを抱きつつある日々ですね。そして夏が近づいてくるということは、僕たち学生にはアクティブラーニング、課題、テストが容赦なく襲いかかってくる時期になってきているということです。 昨日帰り道で、「家帰ったら日記書くかー」と考えているとふと本日提出の課題があったことを思い出し大慌てで完成させました。目がとても重いです。

 皆さんはくれぐれもこのようなことがないようお気をつけください。



 秋山のフリに答えます。

 先に言っておくと僕はモデルではありません。たまたま商品紹介用の写真を撮るときに、たまたま僕がシフトに入っており、たまたまその写真を店長が選んだに過ぎないのです。ですので、投稿されていない写真の中にはピースしたりニコニコ笑顔のもの、スイッチ切れのものなど沢山あります。

 しかし、通行人の前で写真を撮るという以上僕たちがあくまで仕事でやっているということを公衆にアピールするためには、ある程度真面目に取り組まなければなりません。そのようなときに僕が一番気をつけている、かつ非常に難しいと感じていることは「自然に笑う」ということです。これ非常に難しいです。

 「はいわらってー」と言われたとき大体「ニコニコしすぎ」とか「もっと自然に」と言われます。カメラが構えているというすでに不自然な状況で、自然に笑うというのはもはや不可能です。そもそも自然ってなんだろう?



考えすぎて来たのでゆうきさんにふって終わります。

以前の台湾の悲劇から早くも3ヶ月が経ち、僕の髪もようやく戻ってきて喜んでいるうちに伸びすぎてしまいました。切らなくてはと思うものの、うまく予定が合わずボーボーの状態です。語科の同期からは「どろんこハリーを想像させる」と言われたり、マネージャーからは「練習前ヤバイ人歩いてくると思ったらしゅうへいさんだった。」などの言われようなのでなんとか1日も早く切りたいと思っています。そこでゆうきさんにはどんなアタマにすればいいか教えていただきたいと思います。行けと言われればもう一度台湾に行ってきてもいいです。



それでは課題続けます。まだ終わってないので。

 





 
«前へ

<< 2018年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2018年5月

<<前月翌月>>
2018/05/26(土) 01:03
わんパパ(老王)爆買い最終章
2018/05/25(金) 21:52
働きたくない
2018/05/22(火) 15:02
阿弥陀籤の悲劇 ~浦和の悪夢~
2018/05/22(火) 14:05
僕の部屋はタイムカプセル
2018/05/21(月) 08:27
サウスポー
2018/05/19(土) 14:21
右肩下がり
2018/05/17(木) 18:51
パンは無視希望
2018/05/16(水) 20:06
MOMOLANDを見てほしい
2018/05/15(火) 22:09
立川国際は神である
2018/05/14(月) 19:10
アイデンティティ・クライシス
2018/05/14(月) 12:15
デーヴァナーガリー文字が書けない。
2018/05/12(土) 20:26
please call me KEN
2018/05/11(金) 19:43
ファンキーなんて思われたくない
2018/05/11(金) 03:00
チャイ科だけど今回は
2018/05/10(木) 12:56
生駒さん卒業おめでとうございます。
2018/05/09(水) 14:45
5月病の原因は...
2018/05/08(火) 21:52
2000年生まれの時代、到来。
2018/05/08(火) 01:24
曲がりくねった道の先に
2018/05/07(月) 20:46
脱GHQ
2018/05/06(日) 23:37
チャラくないです
2018/05/03(木) 01:59
流行の先取り
2018/05/02(水) 23:01
RESACA
2018/05/02(水) 11:16
元ヤンと特待生と
2018/05/01(火) 23:53
今年の夏はインド
2018/05/01(火) 18:06
GWがたのしみです
2018/05/01(火) 17:37
ショートブーツかサンダルか
2018/05/01(火) 11:12
退く戦術我知らず ー雅史丸に続け!ー

ブログテーマ