大きくする 標準 小さくする

リレー日記

<<前へ

『続ける』とは

 written by 中村 裕樹 投稿日時:2017/12/15(金) 13:10

リレー日記をご覧の皆様こんにちは。今回は4年の中村が日記を担当させていただきます。



 



 



もう最後の試合が終わってから1ヶ月以上経ってしまいました。規則正しい生活が自慢だった私も、さすがに引退すると怠惰になってしまうものですね。



 



 



ラグビー部に4年間在籍した今一番思うこと、それは『続ける』ことの尊さです。何かを4年間『続ける』ということは本当に大変なことだと思います。私自身、2年のシーズンまで、3年でラグビー部を辞めて留学に行こうと考えていました。その時の自分は本当に軽率だったなと今では心から思います。あの時、2年の北里戦の後、自分は真剣にラグビーと留学を天秤にかけました。初めてその事実に真摯に向き合ってみました。私はその時、この素晴らしい先輩、後輩、そして同期と一緒にいる時間を選択したのです。



辞めるということは確かに簡単なことかもしれません。しかし、その辞めるという行為は、自分の中の可能性、そしてせっかく培った人間関係を台無しにしてしまうと私は思っています。これらのことには賛否両論あるでしょう。でも私は4年間続けて本当にラグビー部での経験が自分の中で大きなものとなったし、1人でも多くの人にこの気持ちを伝えられたらなと思います。



 



 



ラグビー部は本当にいいチームでした。たくさんの素晴らしい先輩に恵まれて、たくさんの素晴らしい後輩に恵まれて。そして素晴らしい同期に恵まれました。こんなに素晴らしいことはないでしょう。でもしかし、ラグビー部に所属している以上、勝ちにこだわる必要があります。芝工に勝った時は本気で嬉しかったし、負けた試合は本当に悔しかった。私はずっと海洋に勝つことだけを考えてラグビーも筋トレも励んできたので、プレーオフで海洋と試合が出来なかったことは、多分一生心残りになると思います。でも後輩たちには本当にそんな悔しい思いはしてほしくありません。都市大にも海洋にも学芸にも本当に勝ってほしいです。



 



1年生も2年生も3年生もマネージャーも愚直に頑張れて、センスに満ち溢れたいい奴らばかりです。君たちが東京外国語大学ラグビー部の新しい歴史の立役者になってください。心から応援しています。



 



最後に、OBさん、OGさん、ラグビー部関係者の方々、応援していただき本当にありがとうございました。心から御礼申し上げます。



明日は納会!Beat 現役!!



2017.12.15      中村裕樹

 



 

ふわです。

 written by 不破 涼 投稿日時:2017/12/13(水) 07:32

 リレー日記をご覧の皆さんこんにちは。4年の不破です。

更新が遅れて申し訳ありません。





  新チームとしての活動も始まり、今週末は納会ですね。

OB,OGのみなさんとお会いできるのを楽しみにしております。



 さて、引退した僕から後輩たちに向けて言いたいことをこの場を借りて綴らせていただきます。



 まず、僕は後輩たちにとても感謝しています。ラグビーの知識も浅く、怪我がちだった僕ら4年生でしたが、最後までついてきてくれてありがとう。シーズンで目標としていた海洋大を倒すことは達成できませんでしたが、自分の中では熱い試合も多く、いい思い出がたくさんできました。本当にありがとうございました。



 一年生は入ってきてくれてありがとう。外大ラグビーは代替わりをしながらこれからも続いていきます。その伝統を守るという意味でも今年17名も入部を決めてくれたことはとても嬉しかったです。一年生からラグビーが好きだという気持ちを強く感じるので、その気持ちを伝えてあげたい、共有したいという気持ちで今年の新歓も頑張ってくれればきっと多くの部員が来年も入ってくれると思います。来年入ってくる後輩たちが君たちが1番長く、一緒にラグビーをするチームメイトになります。頑張ってください!

やっぱりチームメイトは多くいた方が練習の質も上がりますし、なにより一緒に泣いたり、喜んだりする仲間は多い方が楽しいですよね。



 二年生には昨年に引き続き、プレー面でとてもお世話になりました。上級生の人数が少なかったばかりに無理を強いてしまいましたが、きつそうな顔もせずに試合に出たいですと言ってくれた君たちにはとても助けられました。本当にありがとう。そんなキツイ思いをしてくれた君たちだからこそ、今年、来年と大活躍してくれると思います。個が強い分、いがみ合うこともあると思いますが、その分お互いに補い、助け合えば今以上に頼れる代になると思います。頑張ってください!



 三年生には内務、外務、合宿係などチームの運営に関してとてもお世話になりました。いよいよ自分たちの代ですね。今は自分たちのやりたいラグビーを作り上げるために奮闘中だと思います。僕が引退する時に感じたのは、練習の中での時間の掛け方をもっと工夫できたのかもしれないということでした。ユニットの練習の中で一つのことにこだわりすぎて、やりたかったことまでできないということが多々ありました。どこかで見切りをつけ、包括的にやりたいラグビーにアプローチすることも大切かもしれません。また、AチームのメンバーとBチームのメンバーの間の差がセットプレーだけで見ても大きくメンバーの選出に迷うことも多くありました。フォワードにとってセットプレーができるというのは最低条件です。そこにユニットの時間をつぎ込むのはもったいないので、各人が練習外で練習するような空気を作り上げれればよかったのかなとも感じました。これからのチームに期待しています。頑張ってください。



 マネージャーに言いたいことは、以前のマネージャーの業務と、今のマネージャーの業務とは大きく変わり、求められることも多く、大変だったと思いますが、 本当によくやってくれたと思っています。本当に助けられました。ありがとう。これからもマネージャーの業務は変わっていくと思いますが、みなさんなら工夫してベストなサポートをできると思います。マネージャーが試合後に負けたら悔しがり、勝ったら喜んでくれているのを見て本当に嬉しかったです。これからもプレーヤーにコミットしたサポートを期待しています。



 引退した直後は朝練がない生活も悪くないなと思いましたが、時間が経った今は、これからも一つのチームとして目標を持って頑張ってる君たちが少し羨ましく思います。今年こそはBeat海洋、都市大を達成してくれること楽しみにしています。頑張ってください!



 ラグビー部として過ごした時間は僕の中でとてもいい思い出になりました。本当にありがとうございました。

最後に

 written by 下川 友基 投稿日時:2017/11/28(火) 12:25

リレー日記をご覧の皆様こんにちは。4年の下川です。
更新が遅くなってしまい申し訳ございません。




一昨日までは外語祭があり多少忙しかったのですが、今日からは非常に暇な生活が始まります。それもシーズンで負けてしまったのでしょうがないです。予定としてはプレーオフ決勝まで行くはずだったのに残念です。期待し、応援して下さった方々には申し訳なく思います。

同時に、今まで自分たちをサポートして下さったOB・OGの皆様には心から感謝申し上げます。
そして一緒にチームを作り上げてくれた後輩たちも本当にありがとう。この1年間はいろいろな場面で力になってくれました。全員の成長がとても嬉しかったです。自分の力及ばずに負けてしまい、申し訳ないです。
また、同期と、復帰して下さったたくまさんにも感謝します。きついこともありましたが、非常に楽しい1年間、なんなら4年間でした。ありがとうございました。



このまま日記を終わると来シーズンに繋がらないので、自分が感じたことを、稚拙ながらも書き記したいと思います。

終わって思うのは、4年間は短いということです。1年生の頃は長く感じましたが、年を追うごとに早く感じ、最後は一瞬でした。
その短い4年間で経験者ばかりのチームに勝つには、目標に向けて効率よく、正しい努力をしなければいけないと、僕は思います。
いつも自分に対して客観的視点を持ち、自分には何が足りないか、何を伸ばすか、どうしたらできるのか考え続け、それを実践に移す必要があります。自分は上手いというプライドは邪魔です。謙虚になって「考える」ということが重要なことだと思います。今は全練習のビデオもあり、挑戦しての失敗を許容する空気も出来上がっています。活かすのは自分次第だと思います。
僕自身、怪我ばかりで人より短い時間で上達する必要があった中で、そういった考えになりました。特に怪我の多い人には少しでも気にしてもらえると幸いです。


今の現役のみんなは、実戦経験もセンスもやる気もあります。全員が後悔のない4年間を作りあげていって下さい。



ありがとうございました。



2017.11.28    下川友基
 

感謝

 written by 中村 拓真 投稿日時:2017/11/20(月) 23:44

こんばんは。5年の中村です。駄文ですがお付き合い願います。



 



 



 今年は去年にも増して「おじちゃん」扱いを受けました。四年生を筆頭に、出会って数ヶ月の1年生にも言われる始末です。流石に言われないであろうと思っていたマネージャー陣でしたが、先日のFacebookの写真で「尊敬するおじちゃんと」とバッチリコメント付きで写真載せていただきました。がーん。



 



 



とそんな話はさておき、今年僕が復帰して感じたのは、ラグビー部はどんどん良い方向へと進化しているという事です。未経験者の上達スピードも自分が一年生の時よりも格段に早いなと感じ、また経験者が増えて練習の質も向上しています。マネージャー陣のサポートの幅も増え、特に練習のビデオ撮影は非常に有効だと感じました。それは部員全員が勝利を追求する為に努力している証です。傲慢であってはいけませんが、自信を持って言える事だと思います。



これからもその活動の継続とさらなる進化を目指し、聖峰達幹部が果たせなかった都市大、海洋大撃破を成し遂げてください。応援しています。



 



改めて現役の皆さん、そして四年生、本当ににありがとう。就職活動を終えて夏練からの復帰を快諾してくれ、唯一の現役OBを度々食事やオフのイベントに誘ってくれました。ラグビーをしていた時間、ラグビー部として過ごした時間はとても充実しており、最高の5年目を過ごすことが出来ました。 



 



では。



 



2017.11.20 中村拓真

ベストコンディション

 written by 井出 聖峰 投稿日時:2017/11/12(日) 12:52

おはようございます。

素晴らしい朝を迎えました。スペイン語科4年井出聖峰です。



フリの答えは1番下です。ゆうき、次は海洋戦に向けた意気込みをお願いそす。





こんなに良い天気を迎えられて絶好の試合日和です。



今まで一緒に戦ってきた下川は本日出場できません。僕は正直同期と一緒にもっとプレーしたい。後輩のみんなと最後まで戦いたい。そんな思い出二子玉川にやって来ました。



今日は必ず勝ちます。今日の一戦に集中して勝ち切ります。ようやく歴史を変える準備ができました。



今までお世話になって来たOBの方々、マネージャーのみんなのためにプレーヤーは今日全力を尽くします。





Beat!!都市大!




«前へ

<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2017年12月

ブログテーマ